Loading...

食材宅配サービス各社の無農薬、有機野菜への取り組み

食材宅配サービス各社の野菜の栽培方法の理念や、無農薬、減農薬、有機栽培への取り組みを一覧でまとめています。


野菜の栽培方法(無農薬、減農薬、有機栽培)

オイシックス

オイシックスの食材宅配では、農薬を使用しないことを目指し、できるだけ農薬を抑えて栽培しています。有機質肥料を使ってよい土作りを行い、化学肥料は極力使っていません。遺伝子組み換えの行われた農産物の取り扱わない。また、定期的に残留農薬検査を実施しています。

パルシステム

パルシステムで宅配する食材では、農薬を減らしながら安定的に収穫し続けるために、組合員や生産者と話し合いを重ね、農薬や化学肥料の使用を最小限に抑えた栽培基準を生み出しています。

イエコック

イエコックで宅配する食材は、「栽培計画」、及び「栽培記録」の両方をチェックし、農薬の誤使用を未然に防ぐばかりでなく、出荷前に再度、農薬状況を確認するダブルチェック体制を整えています。

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやで宅配する食材は、生産する方の体調や田畑周辺の自然環境などに影響を及ぼす農薬の使用を減らそうと、「反農薬」の姿勢を創業当初からずっと続けています。やむを得ず農薬を使う場合も、生きものや環境に及ぼす影響を考えて、独自に策定した「使用禁止農薬リスト(186品目*)」を遵守。同じ系統の薬剤を偏って使うことにより、害虫や雑草に抵抗力がついたり、病原菌に耐性ができたりしないよう、農薬の特性を理解してその使い方も管理しています。

大地を守る会

大地を守る会の宅配食材は、土作りと無農薬・無化学肥料栽培が基本です。土と土中の生物のはたらきを引き出すことでうまれる栄養バランスがとれた土を作る為に、効率的な収穫をするための土壌消毒剤は一切使っていません。効率的な収穫をするための土壌消毒剤は一切使用しません。また、除草剤は原則使わず、雑草などはこまめな手作業で一本一本抜いていきます。基本的に農薬には頼らず、ネットで覆いをしたり、害虫の天敵を放ったり。それでもどうしても農薬を使わなくてはならないときは最小限に使用します。

食材宅配サービス各社の野菜の無農薬、減農薬、有機栽培への取り組み。

  1. ホーム
  2. 食材宅配サービス
  3. 無農薬、有機栽培への取り組み