Loading...

食材宅配サービス各社の肉類へのこだわり

食材宅配サービス各社が取り扱う肉類の品質や安全性への取り組みを一覧でまとめています。飼育された場所や環境、成長促進剤や抗生物質の使用などの状況などを一覧で確認できます。


各社の肉類の品質・安全性への取組

オイシックス

オイシックスのお肉は、できるだけ自然に近い環境で育てられた、育て方や飼育場所などの素性が明らかな畜産物のみを取り扱い、成長促進剤や抗生物質の使用を必要最小限に抑えた畜産物のみを取り扱っています。

パルシステム

パルシステムのお肉はすべて国産、そのうち約90%は提携産地のもの。薬剤をできるだけ減らし、ストレスの少ない環境を整えるなど健康第一に育てています。

らでぃっしゅぼーや

平飼いや放牧など広々とした飼育環境で家畜を育てることは、抗生物質などの薬に頼らない畜産へとつながります。肉や卵、牛乳など、らでぃっしゅぼーやの畜産品はそういった飼育を実践している生産者のものを優先しています。

大地を守る会

大地を守る会では、豚や鶏が食べる飼料までを国産でまかなおうとしています。遺伝子組み換え、ポストハーベスト(収穫後農薬散布)を避け、「健康なモノを食べてそだった健康なおいしさ」を守ります。大地を守る会では病気治療目的以外の薬物投与は基本的に行いません。牛や豚が生まれた時点から加工段階までを生産者別に管理するシステムをとっているため、畜肉のトレーサビリティが明確です。また、そうした情報が商品パッケージに表示されています。

食材宅配サービス各社の取り扱う肉類への品質、安全への取り組み

  1. ホーム
  2. 食材宅配サービス
  3. 肉類の品質・安全性